人の心をサポートする立場

複数の人

人間の心の専門家のプロ

心理カウンセラーになるためには、まず心理学関連の資格を取得することが望ましくなります。心理カウンセラーは、現在のところは資格がなくとも活動することは可能となっていますが、これから国家資格も誕生することから資格を保有していなければ活動しにくくなるのではないかといわれているので、資格は取っておいたほうが良いとされています。病院で勤めようとするのであれば、臨床心理士や新たに誕生した資格である公認心理師を取得していなければ務めることができないこともあります。心理カウンセラーとは、依頼者からの悩みや相談事に対して専門的な知識を活かしてサポートしていく、人間の心の専門家です。そのプロの証として資格があるわけで、カウンセリングを受けようとするのであれば心理カウンセラーがどのような資格を保有しているのかを確かめることで、どのような専門スキルを持っているのかがわかるようになります。たとえば心理学の資格の中で最も知られているのが、臨床心理士です。臨床心理士は指定されている大学院を修了し、受験資格を得て試験に通らなければ取得することができません。しかも5年に1度更新制度があり、常に専門スキルを維持することができるよう知識を保っていなければなりません。それだけレベルの高いスキルを必要とされる立場なので、心理カウンセラーになるためにはまず心理学をしっかりと勉強し、資格を取ることができるように知識と技術を身につけることが必要です。

Copyright© 2018 病院奨学金で進学を目指す【看護学生だけが利用できる奨学金】 All Rights Reserved.